前へ
次へ

誰でも買い物ができる仕組みを作ろう

買い物弱者と言う言葉があります。
住宅地の近くに営業していた商店街や小規模小売店が郊外の大規模店舗との競争に負け、次々と閉店し、地方都市などの若年人口が都市部へ流出していく現象が続き、人口が減少していきました。
その結果、商業施設は郊外に残ることになります。
また、地方では自動車を使うことが主流になり、それに伴い公共交通機関の規模が縮小や廃止されていきました。
それでも、住民たちが車の運転ができるうちは特別な問題がおきることはありません。
しかし、高齢化社会が進行したため車の運転ができなくなった人たちは買い物に行くことができなくなりました。
比較的、公共交通機関が残っている大都市でも同じ問題がおきました。
足腰が衰えた高齢者にとって公共交通機関を利用することもできなくなり、買い物に行けなくなっていきました。
買い物に行けなくなると食事などに支障がでるため、健康に悪影響が出ます。
これらの減少を買い物弱者と言うようになっていきます。
これらの問題を解決するためには通販を浸透させる必要があります。
日常的に通販を利用できれば買い物弱者は存在しなくなると考えられます。

Page Top